ラッピングされた営業車両の宣伝効果

何かしらの自社の宣伝をしたいと思った場合どのような方法をイメージするでしょうか。テレビCMや新聞の折り込みチラシは宣伝効果も高く費用対効果も見込めますが、それと同様に営業車両のラッピングも高い効果が期待できます。一見するとただの営業車両がラッピングされているだけなのでどれほどの効果が見込めるのかと感じてしまうかもしれませんが、自然と印象付けが狙える非常に優れた宣伝方法です。例えばテレビCMで何度も同じものを見ていると印象深くなっていって見る人の中で知っている企業やサービスになります。

それと同様にラッピングされた営業車両が街中を走ることによって何度も目にする機会ができ、多くの人に知っているという認識を持ってもらえます。繰り返し宣伝することで印象付ける手法がありますが、これとよくマッチングした方法と言えます。営業車両をラッピングすれば印象付けを期待できるのかというと、必ずしもそうではありません。毎日違う所に営業に行く車両に期待してもあまり良い結果は見込めません。

逆に、毎日決まったルートを回るのであればそのエリアの住民にいつも見る会社やサービスという風に認識してもらえますので、新たな営業のチャンスも生まれやすくなります。昨今ではサービスを提供する企業の信頼性は益々重要になってきています。ラッピングされた営業車両はいつも見る、知っているという印象で信頼性だけではなく安心感も持ってもらいやすい宣伝方法ですし、車両が走るという方法からもテレビCMなどよりも濃密でローカルなマーケティングができます。自社の方向性なども踏まえて検討してみるのも良いのではないでしょうか。

Filed under: 立体駐車場, 自動車関連, Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website