配送車両をラッピングするメリット

配送車両は日常的に道路を走行するものですが、その外観は一般的に非常にシンプルなものが多く、これまで広告宣伝などの効果を発揮するものと認識される事はありませんでした。多くの場合には企業名や運送会社名を印刷しただけのシンプルなものであり、あまり目立たないものとすることが求められていた傾向があります。その1つの理由として配送を行う顧客先の雰囲気を壊さないなどの配慮もあったのです。配送を委託する顧客の広告宣伝を行うことも考慮された傾向がありますが、車両を塗装する費用と実際の広告宣伝の収入が折り合わないこともあるため、これらの方法は積極的に行われていなかった傾向があります。

車両の塗装費用は非常に高額であるほか、顧客ごとに塗装を行わなければならない事は大きな負担となり、効果的なビジネスとはなり得ないものであったのです。しかし最近では車両の外観を比較的安い費用で簡単に変更することができるラッピングの手法が確立されています。ラッピングはあらかじめ印刷されたシートを車両に貼り付けるだけで外観を変更することができるもので、塗装に比べて非常に費用が安いほか不要になった場合には簡単に剥がして張り替えることができると言うメリットがあります。また塗装と異なり印刷による美しい表現が可能となっているので写真等の情報を美しく貼り付けることが出来るのも広告宣伝効果を高めるメリットとなっています。

配送車両をラッピングすることで顧客の広告宣伝を効率的に行うことができるほか、これまでの配送車両のイメージを大きく変えることができるため運送会社自身のイメージアップにもつながります。さらに費用対効果も高いため配送自身の収入に加え広告宣伝の収入も得ることができることから企業活動の効率アップにもつながるのです。

Filed under: 自動車関連, 自走式立体駐車場, Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website