営業車にラッピングするメリット

ラッピングを施された営業車はよく見かけます。商品を宣伝していたり、会社名を宣伝したりしていますが、これにはそれなりにメリットがあります。一つは宣伝効果で、営業車は営業活動をする時に街中を走り回っているため、多くの人に見てもらいやすいです。ルート営業なら何度も同じルートで走っているため、遭遇する人も多くなりますが、何度も同じものを見ると人は好意的にとらえやすいという傾向があります。

したがって、宣伝効果は意外と大きくなるわけです。また、ラッピングによってボディー表面がカバーされる形になるので、傷の防止につながります。これは直接的な効果ではありませんが、付随的な効果で意外とプラスです。車は売る時に状態が悪ければそれだけ値段が下がってしまいます。

営業車も売却することはありますので、ラッピングでボディ表面を保護してあげることで売る時に寝落ちすることを防げます。もちろん売らなかったとしても、傷を防止できるのでラッピングをはがして運用するときにもメンテナンスの手間がその分いらなくなるというメリットもあります。営業車にはこのような利点があるため、しばしばラッピングをしていることを見かけますが、やってもらうなら業者に依頼したほうが良いでしょう。なぜなら、業者の方がきちんと正確に見栄えを浴してくれるからです。

また、自前で印刷機を用意するとなると使用頻度からしてもかえって高くなりますが、業者なら安く抑えられます。

Filed under: 立体駐車場, 自動車関連, Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website